顧問弁護士のデメリット

顧問弁護士を雇うことで、様々な企業法務をやってもらうことが出来ますが、企業法務を顧問弁護士に任せる際には、デメリットが発生する場合もありますので、事前によく把握しておきましょう。例えば、このようなデメリットが起こる可能性があります。

まず初めに、信頼できない弁護士に顧問弁護士を任せてしまった場合、会社の経営が成り立たなくなり、企業が倒産する可能性があるということです。企業法務の中には、登記関係や申請関係が含まれていることがほとんどですので、こうした部分を適当にやられている場合、会社そのものが成り立たなくなってしまう可能性があるでしょう。

次に、企業によっては金額と仕事内容が見合っていない可能性があるという点です。企業によってはそこまで企業法務関連の仕事がなく、毎回依頼をした方が顧問弁護士を雇うよりも安く済む可能性がありますので、企業の状況と照らし合わせて考えて、顧問弁護士を雇うかどうか決めるべきだと言えるでしょう。

顧問弁護士がいることで間違いなく安心感があることはあるのですが、人選ミスをしてしまったり、仕事がほとんどないのに雇ってしまうと、お互いにとって不幸にしかなりませんので、十分気を付けましょう。