企業法務は顧問弁護士に

企業法務を依頼するために、フリーの弁護士に依頼をしたり、法律事務所にその都度依頼をするという企業も少なくありません。ですが、企業の状態や場合によって、お得なのは、顧問弁護士を一人企業に雇い入れる方がお得と言われています。

顧問弁護士とはその名の通り、企業専属の弁護士で、企業に何かがあった際に、法律的観点からアドバイスを行い、必要に応じて契約書類などの作成、様々な企業法務を行うことで知られています。そんな顧問弁護士ですが、基本的には会社に雇われている人間として知られていますので、依頼料金ではなく、固定給、月給制、年給制で仕事が振られています。

そのため、外の方に依頼をする度に依頼料が取られるということはなく、顧問弁護士であれば、固定給で仕事を任せることが出来ますので、依頼するという形ではなく、お得に企業法務を任せることが出来ると言えるでしょう。

もちろんその分、弁護士に満足してもらえる金額を提示して支払う必要性がありますが、企業法務だけではなく、様々な法律的部分を賄ってもらうことが出来ますので、結果としてお得になると言えるでしょう。

顧問弁護士を雇う流れとしては人によって異なりますが、顧問弁護士の求人を出したり、信頼できるフリーの弁護士を顧問弁護士として雇ったりなど、色々な流れがあるようですので、必要に応じて、企業のやり方に合わせて顧問弁護士を雇うという方法を選ぶこともおすすめだと言えます。