顧問弁護士の特徴

顧問弁護士という言葉をよく聞く方が多いかと思いますが、具体的に顧問弁護士とは、このような方のことを指します。まず顧問弁護士は、企業側に雇われている、または、企業の相談役として固定給をもらっている、契約をしている弁護士のことを指します。顧問弁護士の定義は企業によっても異なりますが、大体このように覚えておけば間違いないでしょう。

そんな顧問弁護士ですが、基本的には企業の法律関係に関する相談に乗ることをはじめ、契約書類などの法的拘束力がある書類などを作成、また、その他の企業法務に関しての労働などを行ってくれる、企業の法律のエキスパートと言える人材です。

この顧問弁護士がいないと企業が成り立たないという会社も多く、中には一企業につき何人もの顧問弁護士を雇っているという企業もあると言われています。

そんな顧問弁護士ですが、労働形態は人それぞれで、基本的には普通のサラリーマンと同じように出社をしている方がほとんどですが、他にも仕事を抱えながら、自由なスタイルで働き、何かあったときに対処を行うというスタイルと取っている顧問弁護士もいるようです。こちらは企業の方針によっても異なりますので一概には言えませんが、自由なスタイルの方もいると言えるでしょう。